活動の歩み

平成18年に発足以来、播磨で黒田武士の顕彰活動を行う団体として、ゆかりの地めぐり、播磨の黒田武士まつり、黒田武士ゼミなどを主催し、黒田武士の知名度向上とNHK大河ドラマ実現に向けて活動してきました。

創立10周年記念誌を刊行しました。(2017/03/03)

創立10周年記念事業を開催しました。(2015/11/29)

当顕彰会の創立10周年記念事業を黒田官兵衛の生誕日11月29日に開催しました。

第1部は官兵衛フォーラムとして、顕彰会の歩みを紹介し、黒田家ゆかりの地の各団体の活動の発表、中学生の黒田官兵衛自由研究金賞受賞作品の発表などに続き、歴史家・作家の本山一城と当顕彰会柳谷副会長が黒田官兵衛、大河ドラマなどにまつわる四方山話を披露しました。会場の姫路市市民会館中ホールは来賓の兵庫県中播磨県民センター岡本センター長、姫路市内海副市長はじめ約170人の参加があり、盛会のうちに予定の2時間が過ぎました。この催しは当顕彰会にとってこれまでの10年間の活動を振り返り、黒田記念館、黒田官兵衛の銅像の建設を目指す新たな第一歩となる意義あるものになりました。

第2部は会場をザ・ロイヤルクラシック姫路に移して交流懇親会を開き、ステージでのゆかりの地のメンバーの歌、舞踏などを鑑賞しながら交流を深めました。

10周年記念事業をこのように開催できましたのも、御出席いただいた方々ならびに会員各位、サポーターの皆様のご支援のお陰であり、厚く御礼申し上げます。

151129_10shunen