姫路市教育委員会「ナルホド!官兵衛」

姫路市の中学生による黒田官兵衛自由研究の優秀作品が姫路市教育委員会により冊子「ナルホド!官兵衛」としてまとめられ、福岡藩黒田家第16代当主の黒田長高様からメッセージをいただきました。つきましては、中学生の学習成果を広く皆様方にご覧いただきたく、関係各位のご了解のもとに黒田長高様のメッセージと「ナルホド!官兵衛」の抜粋を掲載させていただきます。

黒田長高様からのメッセージ

いいね!「わたしたち、ぼくたちが調べた ナルホド!官兵衛」

黒田家第16代当主 黒田 長高

 先日「わたしたち、ぼくたちが調べた ナルホド!官兵衛」という冊子をいただいた。
姫路市教育委員会が市内の全中学生に黒田官兵衛を題材として夏休みの自由研究を募集し、特に優秀と認められた6点の作品をまとめたものだという。
早速拝見させてもらったが中学生とはいえ実によく調べたうえでの研究であることがわかり感心した。その研究も官兵衛の何に重点を置いて進めていったのかがそれぞれ違うのも面白い。官兵衛の各戦いの特徴、官兵衛の人となり、またゆかりの地などを簡潔にわかりやすく表現しており、そして官兵衛について自分はどういうふうに考えているのか等がよくわかる。大河ドラマが放映されているからとただ漠然と調べているのではなく官兵衛の一つ一つの行動などにも「なぜ?」「どうやって?」と興味を持って研究しているのではないかと思う。この様にアプローチして研究や勉強をすることは大事なことなので子供たちはそれを大きくなっても忘れないでいてほしい。
このように自分たちの街の歴史などに関連していることについて姫路市教育委員会がテーマを与え自由研究を募集し、生徒たちがうまく反応してくれているのは実に微笑ましく「いいね!」と言いたい。

福岡藩黒田家第16代当主 黒田長高様

福岡藩黒田家第16代当主 黒田長高様

「ナルホド!官兵衛」(抜粋)

( ↓ 下の表紙をクリックすると抜粋PDFが開きます。)

ナルホド官兵衛