官兵衛と長政

藩祖 黒田官兵衛孝高(如水) 天文15年(1546)~慶長9年(1604)

kanbe

黒田官兵衛は御着城主小寺(まさ)(もと)の姫路城代黒田(もと)(たか)の嫡男として天文15年(1546)11月29日に姫路で誕生した。幼名は万吉と称し、7歳ごろから浄土宗の僧円満に師事し、勉学に励む。16歳で政職の側近に取り立てられ、禄高80石を賜る。22歳で志方城主櫛橋(これ)(さだ)の娘光姫を娶り、父職隆の隠居により家督を継ぎ、姫路城代となる。その後、西播磨の青山・土器山(かわらけやま)の戦いで初めて指揮をとり、少人数で敵を追い返して有能ぶりが認められる。

播磨の武将が毛利、織田のはざまで去就を決めかねる中、官兵衛は信長の力量をいち早く見抜き、天正3年(1575)主君政職を織田方に属するよう説得し、岐阜城に赴いて信長への帰属と中国攻めを進言する。信長の命により播磨攻めの秀吉の軍に加わった官兵衛は三木城攻めの最中に信長に反旗を翻した荒木村重の説得のため伊丹有岡城に赴き幽閉されるが、有岡城の落城により無事救出される。そして三木城が落城した時には、秀吉に中国攻めの拠点を姫路に置くよう進言し、居城としていた姫路の城を秀吉に譲る。この時官兵衛は秀吉に新たな姫路城を築くよう進言し、秀吉から築城責任者を命じられる。

 その後、官兵衛は四国攻め、中国攻め、九州攻めで秀吉の軍師として数々の合戦で秀吉に勝利をもたらす。特に、天正10年(1582)の備中高松城攻めでは水攻めを建策、実行し、本能寺の変で信長が命を落とし落胆する秀吉に天下取りの好機が到来したことを告げ、中国大返しを主導する。続く山崎の戦いでも秀吉を勝利に導き、秀吉を天下人へ押し上げる。

天正14年(1586)にはキリスト教に入信し、九州攻めの戦場で布教活動を支援する。

九州攻めが終わった天正15年(1587)官兵衛は豊前国6郡合わせて12万石3千石を与えられ中津に移る。天正17年(1589)には44歳で嫡男長政に家督を譲るが、この後も秀吉は官兵衛の能力を頼り、小田原城攻め、朝鮮の役に参加させる。

秀吉亡き後、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでは九州で西軍の諸城を攻めるが、家康の停戦命令を受けて中津に引き上げ、官兵衛の長い戦いが終わりを迎える。この後、長政が関ヶ原の戦いの論功行賞で筑前52万石3千石を与えられると、長政とともに福岡に入る。晩年は妻光姫とともに大宰府、福岡で静かに余生を送り、慶長9年(1604)伏見で59歳の生涯を閉じる。

官兵衛は戦いに明け暮れた人生であったが、人を大切にし、質素倹約を実行して家臣、領民から慕われ、福岡藩の藩祖如水公として今なお尊敬を集めている。

 

初代藩主 黒田筑前守長政 永禄11年(1568)~元和9年(1623)

nagamasa

黒田長政は官兵衛の嫡男として永禄11年(1568)姫路城で生まれ、幼名を松寿丸と称する。官兵衛の主君小寺政職が織田方に属することになり、天正5年(1577)10歳で信長への人質として秀吉に預けられ近江長浜城で過ごす。官兵衛が有岡城に幽閉された時、信長から官兵衛が寝返ったと疑われて殺害の危機に瀕するが、竹中半兵衛の機転により菩提山城に匿われる。そして有岡城の落城に伴いほぼ3年ぶりに無事姫路に戻る。

天正10年(1582)初陣として官兵衛とともに備中高松城攻めに参加する。天正12年(1584)の小牧・長久手の戦いでは初めて全軍を率いて泉州岸和田で雑賀衆、根来衆を撃退し秀吉より感状を受ける。その後、官兵衛とともに九州攻めに参加し、天正15年(1587)には日向国耳川、根白坂で島津軍を破る軍功を挙げる。この年、長政は豊後でキリスト教に入信するが、バテレン追放令が出ると棄教したと言われる。

九州平定後、官兵衛は豊前12万3千石を与えられるが、土豪宇都宮(しげ)(ふさ)の反乱に手を焼き、最終的には長政が鎮房を謀殺し反乱を鎮圧する。天正17年(1589)22歳で家督を譲られ中津城主となった後、官兵衛とともに朝鮮の役に参加し、足かけ約7年間を朝鮮で過ごす。特に蔚山(うるさん)の戦いでは籠城中の加藤清正を救援し、秀吉から感状を受ける。慶長3年(1598)に秀吉が亡くなると諸将とともに朝鮮から引き上げる。そして徳川家康と石田三成の対立が深まる中、徐々に家康方への旗色を鮮明にし、加藤清正、福島正則らを家康方に引き入れる。

慶長5年(1600)には蜂須賀正勝の娘を離縁して家康の養女ねね姫を娶り、家康が会津の上杉景勝攻めのために出陣するとこれに従う。関ヶ原の戦いでは前哨戦の合渡川の戦いで先陣を務めて敵を破る。本戦でも西軍の小早川秀秋、吉川広家らを味方に引き入れるとともに石田三成の本陣を攻め、東軍を勝利に導く。長政はその功績により筑前52万3千石を与えられ、福岡城を築く。家康が豊臣秀頼を攻めた大坂冬の陣では江戸城で留守居役を務めるが、夏の陣には参戦した。そして元和9年(1623)56歳で京都で没する。

長政は数々の戦いで常に陣頭に立って全軍を鼓舞して戦った猛将であった。命を惜しまず奮戦する勇気と部下思いの人柄から家臣からも慕われ、今も福岡藩初代藩主として尊敬されている。

 

>>>黒田二十四騎はこちら