年表

この年表では、官兵衛、長政がたどった足跡のほかに信長、秀吉、家康の動向も入れ、官兵衛を取り巻く世界がどのように動いたかをご紹介しながら、各々の局面で官兵衛がどう行動したかをご理解いただけるようにしました。

黒田官兵衛関連略年表

(無印:黒田/織田豊臣徳川その他

年 号

西暦

事             象

天文15 1546 11 29日御着城主小寺政職の姫路城代小寺職隆の嫡男として生まれる
母は明石城主明石正風の女 幼名万吉
  21 1552 7才ごろ浄土宗の寺に入り僧円満に師事して素読、手習いを始める
永禄 3 1560 信長尾張国桶狭間にて今川義元を破る(桶狭間の戦い)
   4 1561 政職の近従として出仕し禄高80石を賜る
   5 1562 父職隆に従い近隣の土豪を破り初陣を飾る
元服して通称を官兵衛、諱を孝高と名乗る
   7 1564 2 6日祖父重隆御着にて死去(57才)姫路心光寺に葬られる
  10 1567 志方城主櫛橋伊定の女幸圓と結婚する(官兵衛22才幸圓15才)
父職隆隠居し家督を継ぐ(職高44才)小寺家家老を命ぜられる
  11 1568 9
10
12
信長足利義昭を奉じて上洛を開始する
足利義昭第15代将軍に就任する
3日嫡男松寿丸(後の長政)姫路に生まれる
  12 1569 5
6
龍野城主赤松政秀を青山で迎撃し龍野に追い返す(青山の戦い)
赤松政秀が再来襲し土器山にて敗れるが同日夜襲をかけ撃破する
(土器山の戦い)
元亀元 1570 6
9
信長近江国姉川で浅井・朝倉連合軍を破る(姉川の戦い)
本願寺法主顕如石山本願寺に立て籠もり信長との戦いを始める
(石山合戦)
   2 1571 9 信長比叡山を焼き討ちする
   4 1573 7 信長将軍足利義昭を追放する
天正 3 1575 5
7
7
7
信長・家康連合軍三河国長篠で武田勝頼を破る(長篠の戦い)
主君政職に天下の大勢を説き信長への帰順を決意させる
政職の使者を申し出て岐阜城に赴き信長に中国平定策を進言する
政職より小寺の姓を授かる
   4 1576 1
5
5
信長安土城の築城を開始する
姫路城攻撃のため英賀に上陸した毛利方を急襲し破る(英賀合戦)
英賀合戦の勝利に対し信長より荒木村重を介して感状を受ける
   5 1577 7
7
9
9
9
10
11
11
11
111
12
信長秀吉に播磨を与えて中国攻めを命じ姓を羽柴に改めさせる
秀吉官兵衛に自筆の書状を遣わし兄弟の契りを約束する
松寿丸を信長への人質として安土城に送る
信長松寿丸を秀吉に預け近江国長浜に置く
秀吉播磨へ出陣の時秀吉を姫路城本丸に迎え入れる
この頃東播磨は官兵衛の説得により大略秀吉に従う
秀吉但馬に入り岩洲城、竹田城、八木城を攻略する
秀吉に従い佐用城を攻め落城させる 官兵衛先鋒を務める
秀吉に従い上月城を攻め落城させる
山中鹿之助上月城を守る
西播磨の戦いでの働きに対し信長より感状を受ける
   6 1578 2
3
3
3
4
4
6
7
7
8
9
10
10
11
11
秀吉播磨国加古川城で毛利攻めの軍議を開く
三木城主別所長治が信長に背く
信長の命により秀吉三木城攻めに向かい官兵衛先手を務める
官兵衛の進言により三木城攻めの本陣を姫路書写山円教寺に移す
三木城救援の毛利方を阿閉城で撃退し秀吉より感状を受ける
織田信忠、秀吉三木城の支城野口城を攻め落城させる
毛利軍が上月城を攻めるが信長上月城救援を断念するよう命ずる
上月城落城し尼子勝久自害し山中鹿之助は護送中に殺害される
三木城攻めに参戦中の摂津有岡城主荒木村重信長に謀反す
織田信忠、秀吉三木城の支城神吉城、志方城を攻め落城させる
毛利方の宇喜多直家に降伏を勧め信長に帰順させる
村重を翻意すべく有岡城に説得に赴くが捕えられ幽閉される
信長松寿丸の殺害を命ずるが竹中半兵衛密に美濃の居城に匿う
信長大坂木津川河口で毛利水軍を破り本願寺と毛利方を遮断する
官兵衛、松寿丸受難の時黒田家臣連署起請文を捧げ忠節を誓う
   7 1579 5
6
9
11
11
12
12
五層七重の安土城が完成する
竹中半兵衛三木城攻めの三木平井の陣中で病死する(36才)
荒木村重有岡城から尼崎城に逃亡する
滝川一益有岡城を攻め落城させる
栗山利安らにより牢から1年ぶりに救出され有馬温泉で静養する
秀吉御着城を攻め落城させ城主小寺政職は英賀へ逃れる
この頃姓を黒田に戻す
天正 8 1580 1
1
4
4
8
9
秀吉書写山円教寺を出て三木城を攻める
三木城兵糧攻めにより落城し長治と一族が自害する(23才)
秀吉に姫路城を譲り妻鹿国府山城に移る
秀吉に姫路城改築を勧め浅野長政とともに築城責任者を命ぜらる
信長石山本願寺の明け渡しを受け顕如と講和し石山合戦が終わる
播磨国揖東郡内に1万石を受け宍粟郡山崎篠の丸城を居城とする
   9 1581 3
6
9
10
11
三層の姫路城が完成する
秀吉に従い因幡に出陣し2万の軍勢で鳥取城を攻める
信長から秀吉に四国攻めの命が下り軍監として阿波に赴く
鳥取城兵糧攻めにより落城し城主吉川経家が自害する(35才)
阿波より淡路に渡り由良城を攻略し淡路を平定する
この後畿内、中国方面が多忙になったため四国攻めは暫く中断する
  10 1582 3
4
5
5
5
6
秀吉に従い姫路城から長政とともに中国攻めに出陣する
秀吉宮路山城、冠山城を攻め落城させる
秀吉周辺の城を落とし備中高松城を包囲する
信長自ら中国攻めのため安土城より上洛する
秀吉に備中高松城の水攻めを進言し堤を築いて城を水没させる
2日明智光秀の謀反により信長本能寺にて自害する(49才)(本能寺の変)
4日交渉役として毛利方と講和し清水宗治は自害する(45才)
6日備中高松を出発し上方へ引き返し殿を命じられる(中国大返し)
8日姫路城下を通過する
13日秀吉に従い山崎の合戦で明智光秀を破り勝龍寺城を攻略する
27日清州会議で秀吉の推す三法師が信長の後継者に決定する
  11 1583 1
1
4
秀吉大坂城築城工事を開始する
官兵衛築城工事を監督する
賤ヶ岳の合戦に長政とともに参加し柴田勝家を破る
  12 1584 7
7
秀吉の命により毛利と宇喜多の領国の境界を確定させる
秀吉から播磨国宍粟郡を加増される
この年高山右近らの勧めによりキリスト教に入信する
この年長政蜂須賀正勝の女を娶る
  13 1585 5
6
7
7
7
8
四国攻めに軍監として参加し讃岐国喜岡城を攻め落城させる
豊臣秀次に従い阿波国岩倉城を攻め落城させる
長宗我部元親秀吉に降伏する(四国平定)
論功行賞のため伊予に赴き小早川、安国寺らの境界画定を行う
秀吉関白宣下を受ける
22日父職隆姫路にて死去(62才)姫路心光寺に葬られる
  14 1586 3
7
8
8
10
11
12
従五位下勘解由次官に任ぜられる
九州攻めに軍監として参加するため京都を出立する
小早川隆景、吉川元春らとともに下関を経由し門司に上陸する
立花宗茂島津方の筑前国高鳥居城を攻略し秀吉から感状を受ける
毛利輝元らとともに小倉城を攻め落城させる
豊前国宇留津城を落城させ秀吉より感状を与えられる
豊前国を平定し香春岳にて越年し秀吉の下向を待つ
この頃九州攻めの諸将の武威を恐れ北九州の敵多数降伏する
秀吉は諸将に島津攻めを命じ兵、兵糧などを準備させる
  15 1587 2
3
3
3
3
4
4
4
5
5
6
7
7
9
9
9
10
10
12
12
秀吉の弟羽柴秀長九州攻めのため先陣として京都を出立する
秀吉九州攻めのため京都を出立し陸路小倉に到着する
秀吉南軍大将秀長、北軍大将秀吉、官兵衛と長政は南軍と決める
官兵衛の影響により長政この頃豊後でキリスト教に入信する
長政日向耳川で島津軍を破る(耳川の戦い)
秋月種実秀吉に降参し、秀吉筑後国秋月に陣を取り3日間逗留する
この時肥前、筑前、壱岐、対馬、平戸、五島の領主ら秀吉に降伏する
秀吉肥後国南関、熊本、宇土を経て八代に到着する
秀長に従い日向国根白坂で島津軍を破る
島津義久薩摩国川内太平寺で秀吉と会見し降伏する(九州平定)
秀吉博多を経て筑前国箱崎に着き博多の街割を指図し奉行を置く
秀吉箱崎においてバテレン追放令を発す
秀吉九州国分けを行い豊前国中津12万石が与えられる
秀吉の命により豊前国馬ヶ嶽城に居城する
秀吉より肥後国土豪の反乱鎮圧のため諸将の出陣を命じられる
豊前国の土豪宇都宮鎮房城井谷城に立て籠る
長政官兵衛に無断で城井谷城を攻める
聚楽第が完成し秀吉大坂より京都に移る
長政下毛郡犬丸城を攻め落とし秀吉より感状を受ける
鎮房降伏し豊前国を一旦平定する
  16 1588 1
2
4
この頃中津城が完成し長政とともに馬ヶ嶽城より移る
佐々成政が治める肥後国土豪の反乱鎮圧に赴く
秀吉の命により反抗的態度を示す鎮房を長政により謀殺する
  17 1589 5
6
家督を長政に譲るが隠居は許されず(官兵衛44才長政22才)
長政従五位下甲斐守に任ぜられる
  18 1590 3
4
6
6
9
11
12
秀吉の小田原攻めに従い京都を出立する 総兵力22万
秀吉小田原に到着し箱根湯本を本陣とし小田原城を取り囲む
小田原城に単身入り北条氏政、氏直と講和をまとめ北条氏降伏する
(秀吉の天下統一)
秀吉奥州白河まで遠征の後京都に戻る
秀吉朝鮮に対し明攻撃への協力を要求する
秀吉関白を秀次に譲り太閤と称す
  19 1591 1
1
8
8
10
12
秀長大和郡山城内で病死(52才)
この年秀吉朝鮮出兵を決意し西国の諸将に準備を命じる
秀吉朝鮮出兵の拠点として肥前国名護屋城の築城を決定する
秀吉より名護屋城の縄張りを命じられる
秀吉浅野長政を惣奉行に任命し名護屋城築城工事を始める
秀吉関白を秀次に譲り太閤と称す
天正20文禄元 1592 3
3
3
3
4
4
5
6
8
8
8
9
名護屋城完成し諸国の将兵筑紫に集結する
秀吉朝鮮出兵の軍編成を決定し総兵力16万9軍編成とする
(文禄の役)小西行長、加藤清正、黒田長政を大将に任命する
秀吉京都を出立し名護屋に到着する
諸将順次名護屋より出港し朝鮮釜山方面に向かう
長政慶尚道金海城を攻略する
小西行長、長政漢城(ソウル)に入る
名護屋より秀吉の命令伝達のため朝鮮に渡海する
宇喜多秀家漢城で戦略会議を招集し官兵衛出席し軍略を述べる
行長平壌を攻略する
行長平壌近傍の安定館で明軍と交戦する
病のため秀吉の命により帰国する
   2 1593 1
2
3
3
7
7
8
8
明より李如松の軍20万安定館に到着、平壌落城し行長撤兵する
秀吉の命令伝達のため浅野長政とともに朝鮮に渡海する
石田三成、大谷吉継ら戦況確認のため漢城に到着する
この後和平交渉に入るが戦闘も継続する帰国して戦略会議の作戦を秀吉に説明しようとし勘気を蒙る
(無断帰国事件)剃髪し如水と号す
秀吉の三男秀頼大坂城で生まれる 母淀君
この年行長に明との和平交渉を委ねる形で自然休戦に入る
   3 1594 この年朝鮮在陣の諸将帰国する
名護屋在陣の将兵も悉く国元に帰る
   4 1595 4 秀次秀吉から謀反の疑いをかけられ切腹(28才)
慶長元 1596 9 秀吉明の使節を大坂城で接見する
秀吉自らの要求を無視した明の国書に激怒し使節を帰国させる
この後秀吉再び朝鮮出兵を命令し西国諸将に渡海の準備を命ずる
   2 1597 2
6
8
12
秀吉の命により長政、行長ら諸将朝鮮に渡海する(慶長の役)
朝鮮に渡海し小早川隆景の軍監として釜山に在陣する
諸将全羅道内原城を攻略する
加藤清正蔚山城に入り籠城する
   3 1598 1
1
4
6
8
10
長政蔚山城の清正を救援し秀吉より感状を受ける
梁山城で明・朝鮮連合軍に勝利する
秀吉の命により帰国し伏見で戦況を報告する
秀吉筑紫勢6万余を朝鮮に留め中国四国勢の帰国を命ず
■ 18日秀吉伏見城にて死去(62才)
五大老秀吉の死を秘して朝鮮からの帰国命令を発する
   4 1599 1
3
3
9
秀頼伏見より大坂城に移り前田利家が後見する
徳川秀忠長政に書状を送り家康への味方と諸将の説得を感謝する
長政、清正、福島正則らが石田三成を襲撃する
家康伏見より大坂城西の丸へ移る
   5 1600 6
6
7
7
8
9
9
9
10
11
12
長政が蜂須賀氏の女を離縁し家康の養女ねね姫を娶る
家康会津の上杉景勝攻めのため大坂を出陣する
石田三成家康打倒のため諸国へ廻文を遣わし挙兵を促す
栗山利安らが幸圓、ねね姫を大阪天満屋敷から中津へ脱出させる
三成近江国佐和山城を出陣する
9日九州の西軍を攻撃すべく中津城を出陣する(九州関ヶ原の戦い)
13日豊後国石垣原で大友吉統を破る(石垣原の戦い)
15日関ヶ原の戦いで東軍家康が西軍三成を倒す
筑後国柳川城を攻め立花宗茂を降伏させる
12日水俣で家康から停戦命令を受ける
長政が筑前52万3千石を与えられたのに伴い名島城に移る
   6 1601 長政筑前国福先を福岡と改め福岡城の築城を開始する
   7 1602 2
11
大宰府天満宮に社殿を寄進する
長政に嫡男(後の福岡藩二代藩主忠之)誕生する 母ねね姫
   8 1603 1
2
11
上洛し高台院(北政所)を見舞う
家康征夷大将軍の宣下を受け徳川幕府が成立する
有馬温泉へ湯治に行き越年する
この年福岡城二の丸に家を建て幸圓と侘び住まいを始める
   9 1604 1
3
京都伏見屋敷に戻る
20日伏見屋敷にて病死(59才)
京都大徳寺に葬られ博多崇福寺に分骨される

<参考文献>

「別冊歴史読本 稀代の軍師 黒田如水と一族」新人物往来社 平成19年
川添昭二・福岡古文書を読む会校訂「新訂黒田家譜 索引家譜年表」文献出版 昭和62年
「黒田家文書 第一巻 本編」福岡市博物館 平成11年
橋本政次「姫路城史 上巻」姫路城史刊行会 昭和27年
松田毅一・川崎桃太訳「完訳フロイス日本史⑪ 大村純忠・有馬晴信篇Ⅲ」中央公論新社 平成12年

↑ページの先頭へ