播磨の黒田武士、豪州に見参!

オーストラリアのパースで2016年2月27日(土)日本文化を紹介する「ジャパン・フェスティバル 2016」が開催され、播磨の黒田武士顕彰会が特別ゲストとして招待されました。今回の催しは3回目で、今年は兵庫県と西オーストラリア州の姉妹提携35周年と日豪友好協力基本条約締結40周年に当たり、外務省と兵庫県の企画により実現したものです。メンバーはパースに25日(木)~28日(日)の4日間滞在し、甲冑姿、着物姿で演舞「黒田武士」、謡曲「高砂」、書道吟「姫路城」などを披露し、現地の皆さんと楽しく交流しました。

次に主な活動を日付順にご紹介します。

panf

25日(木)午後パースに到着し、在パース日本国総領事館に好井総領事を表敬訪問しました。また、夜は今回お世話になる兵庫県文化交流センターの大西所長、西豪州日本人会の合田会長を交えた夕食会を開催し和やかに懇談しました。

party

26日(金)の昼間は「兵庫県文化交流センター」で、日本語を学ぶ4校の中高生たちに演舞「黒田武士」、謡曲「高砂」、書道吟「姫路城」などを披露したほか、甲冑を着ていただいて記念撮影したり、一緒に炭坑節を踊ったりして楽しく過ごしました。

hyogo_engihyougo_kinen

夜はパース市役所隣の英国貴族の邸宅を思わせる「ガバメントハウス」のホールで開催された前夜祭に招待され、甲冑武者が居並ぶ前で演舞「黒田武士」、謡曲「高砂」を披露し、好井総領事はじめ出席された地元名士の方々と記念撮影しました。

engi

kinen

27日(土)のフェスティバルはパース駅前の野外特設ステージ「フォレスト プレイス」で開催されました。大勢の観客が見守る中、2回のステージを務め、演舞「黒田武士」、「稀代の軍師官兵衛」、「黒田二十四騎の賦」を演じたほか、書道吟「姫路城」も披露し、最後は民謡「炭坑節」を一般参加者と共に踊り、ステージを締めくくりました。甲冑武者は待機時間に観客の中に入って次々に依頼される記念撮影に気軽に応じ、親しく交流しました。また、主催者である実行委員会の福本会長、スカフィディ・パース市長、好井総領事をはじめとする来賓の方々ほか、特別ゲストとして共に招待された京都の舞妓さん、芸妓さんたちとも記念撮影しました。現地の方々にとってこれまで日本文化、甲冑武者に触れる機会は少なかったでしょうが、今回のフェスティバルはこれらに触れるよい機会になったと思います。

fes_engi2

fes_engi

fes_kinen

fes_kinen2

28日(日)は帰国準備の合間にパース市内をバスで見物しました。パースは街並み、自然が美しく、現地の方々も親しみやすく、安全で快適な街と感じました。

city

bike

今回のパース訪問では現地の方々の日本文化に対する関心が高いこと、また生徒、子供たちの元気で明るく、楽しそうな姿が特に印象的でした。最後に今回のフェスティバルを企画し、献身的に支援していただいたパース総領事館の好井総領事はじめとする館員の皆様、兵庫県文化交流センターの大西所長をはじめとするスタッフの方々、西豪州日本人会の合田会長はじめとする関係各位に深く感謝いたします。

なお、演武などの一部は5月21日(土)に開かれる姫路お城まつりで再演する予定です。