心光寺での黒田如水公法要参拝と姫路城石垣、総社をめぐりを行いました!

心光寺での如水公法要参拝と姫路城石垣、総社めぐり

平成27年3月20日

3月20日午前、心光寺で行われた黒田如水公412回忌の法要には46名の方が参加されました。法要は如水公の位牌の前で厳かに営まれ、引き続いて当会の藤原理事から「心光寺と黒田家」についての講話を聴きました。講話では心光寺が黒田家に果たした役割の大きさと心光寺と黒田家の強いつながりを改めて感じることができました。 午後の部の姫路城石垣、総社めぐりも絶好の行楽日和の下、歴史ウォークを楽しみ、参加者相互の親睦を深めました。姫路城では官兵衛ゆかりの石垣の前で当会今藤理事が野面積み石垣の特徴、官兵衛に普請を命じた秀吉の書状などを紹介しました。また、播磨国総社では、神職様から総社の縁起などについての説明を聴いた後、今藤理事が黒田家の軍旗が初めて定められた時、総社で祈祷が行われ、黒田家がその後も総社を深く崇敬していたことを紹介しました。なお、午後の部の説明の内容につきましては、当ホームページの「ゆかりの地」姫路地区をご覧ください。

150320